プリウスの中古車を値引きしてもらう方法

Posted by 新車購入テク - 7月 23rd, 2014

車を購入する場合、
やはり少しでも安く購入したいというのが本音ですよね。
 
特に中古車を購入する場合、
よりいい条件の車を少しでも安く購入したいところです。
 
そして中古車を安く購入するためには
中古車販売店のセールスマンと値引き交渉をする必要があります。
 
では、例えばプリウスのような人気車種の中古車を購入する場合、
どのように交渉をすればいいのでしょうか。
 
 
人気のない車種であればともかく、
プリウスのような人気車種ともなるとどのように交渉すればいいのか
困ってしまいますよね。
 
実は、人気車種であっても値引きをしてもらう方法はあります。
 
まずは、その中古車と同じ条件の車の価格を調べ、
その価格を持って交渉するという方法です。
 
検討している中古車の値段が相場よりも高い場合には、
調査した相場価格を提示することによってその価格と同じくらいに、
あるいはそれよりも安くしてもらうことができるのです。
 
 
また、人気車種であっても比較的人気のないカラーであれば
大幅に値引きをしてもらうことができる場合があります。
 
不人気カラーは人気カラーと比べると需要が低いため、
中古車販売店としても多少値引きをしてでも売ってしまいたいからです。
 
人気車種であってもその交渉方法によっては
大幅に値引きをしてもらえることがありますので、
中古車を購入する際にはぜひ参考にしてみてください。

タグ:

タントを値引きしてもらうためには所長・店長を狙え!!

Posted by 新車購入テク - 6月 21st, 2014

タントは、小さなお子様がいらっしゃる子育てママにも
人気の軽自動車です。
 
そのため、セカンドカーとして
タントを選ばれる方もいらっしゃいます。
 
セカンドカーであるならば特に、
少しでも多く値引きをしてもらって安く購入したいところですよね。
 
そして値引きをしてもらうためには
ディーラーや中古車販売店で値引き交渉をする必要があります。
 
 
ところで、同じ値引き交渉をするのでも
その交渉相手によって値引き幅が異なるということをご存知ですか?
 
値引き交渉をする際に狙うべきは、ズバリ所長、
あるいは店長クラスのセールスマンです。
 
というのも、セールスマンはそれぞれ「値引き額」
というものを持っています。
 
これは、特に上司に掛け合う必要もなく
「安くして」といいさえすれば、
あるいはそれさえ言わなくても値引きをしてくれる額のことです。
 
そしてこの値引き額、所長・店長クラスの人と
新入社員の人とではその額に差があるのです。
 
当然、所長・店長クラスの人のほうが大きい値引き額を持っています。
そこで、値引き交渉は所長・店長クラスの人と行うことを
おすすめします。
 
うまくいけば、所長決済や店長決済によって
少しでも安く車を購入することができるかもしれませんよ。

タグ:

タントを値引きしてもらうためには20日前後を狙え!!

Posted by 新車購入テク - 6月 11th, 2014

最近は、軽自動車人気が加速していますよね。
 
2013年の新車販売台数ランキングでも、
トップ10の半数以上が軽自動車でした。
 
軽自動車は税金や保険代といった
維持費も安くつきますので、
セカンドカーとしてもちょうどいいですよね。
 
また軽自動車の中でもタントは
ファミリー層に特に人気があります。
 
 
そして軽自動車を買うとなると、
やはり少しでも安くしてもらいたいというのが
本音ではないでしょうか。
 
実は車、特に新車を購入する際は
1ヶ月の中でも比較的値引きしてもらいやすい
時期というのがあります。
では、それはいつなのでしょうか。
 
 
応えはズバリ、その月の20日前後です。
 
 
ディーラーとしては毎月の売り上げを
少しでも上げたいところですが、
車を売って「売上」と認められるためには
その車の登録を完了する必要があります。
 
そして登録を完了させるためには1週間程度かかるため、
その月のうちに登録を完了するためには
20日くらいまでには契約を完了している
必要があるというわけです。
 
 
そこで車を購入する際には、
20日前後を狙って交渉してみることをおすすめします。
 
ディーラーとしても、この時期に
1台でも多くの車を売ることができると
当月分の売り上げを上げることができるので、
普段よりも少し多く値引きをしてもらうことが
できるのです。
 
時期が分かったら、後は誰と交渉するかですね。
新車の値引き交渉は新人セールスマンを狙え

タグ: , ,

車の査定額を上げてもらうための交渉術

Posted by 新車購入テク - 4月 4th, 2014

車を買取りに出す場合、やはり少しでも高く買取ってもらいたいですよね。
査定額を上げてもらうことによって、
車を処分する際には自由に使えるお金を増やすことができますし、
車を買い替える場合には新たな車の購入費用を増やすことができます。
 
 
では、査定額をアップしてもらうためにはどのように交渉すればいいのでしょうか。
 
 
車の査定額アップを交渉する際には、
他店での査定額を提示し、これをもとに交渉を進めることをおすすめします。
 
もちろん、この交渉をするためにはある程度の下準備が必要となります。
 
いくつかの中古車販売業者等のもとを訪れて、
それぞれで車の査定をしてもらうのです。
 
 
そして例えばA社が50万円、B社が48万円、
C社が45万円の査定額を出したとします。
 
 
この場合、A社の査定結果をもってB社に出向き、
「A社では50万円の査定額がつきましたがもう少し査定額を上げてもらう
ことができませんか?」といった具合に交渉を進めていくのです。
 
 
中古車販売店も人気車種は少しでも多く買取って販売し、
利益を出したいと考えていますので、買取に出そうとしている車が
 
人気車種の場合には比較的スムーズに価格交渉を進めることができます。
これから車を買取りに出す予定がある方は、ぜひこの方法を試してみてください。
 
複数の業者をまわるのは値引き額を上げるために複数の業者をまわろうでもお伝えしたように
新車購入時の値引きの時だけでなく、車を売るときでも重要な事なんです。

タグ:

値引き額を上げるために複数の業者をまわろう

Posted by 新車購入テク - 3月 2nd, 2014

車を購入する場合、少しでも安くしてもらいたいですよね。
車を安く購入するためには、セールスマンと交渉して値引きをしてもらう必要があります。
そしてその時に有効なのが、複数の業者を回ってみるという方法です。
 
 
これは、新車を購入する場合も中古車を購入する場合も同じです。
様々な業者を回り、見積もりを出してもらうのです。
 
 
また値引きをしてもらうためには、単に色々なお店を回るだけでは意味がありません。
セールスマンに、「いろいろなお店を回っている」ということと、
「一番安いところで車を買おうと思っている」ということを伝える必要があります。
 
 
セールスマンとしては当然自分のところで購入してもらいたいと思うでしょうし、
複数の業者をまわっているとなれば、「この人は本気で車の購入を検討している」とわかるので、
少し値引きをすれば車を購入してもらえるのでは、
と思い値引きをしてくれる可能性が高くなるというわけです。
 
 
ただし、複数の業者を回るにあたって一つだけ注意しておくことがあります。
それは、特に新車を購入する場合、同じ会社の営業所を色々とまわっても
値引きしてもらえる可能性は低いということです。
 
セールスマンとしては同じ会社同士で値引き合戦をするわけにはいかないですものね。

タグ:

店長と直接交渉

Posted by 新車購入テク - 2月 28th, 2014

車を購入する際、当然価格の交渉、つまり値引き交渉をすることになります。
そしてこの値引き交渉、誰と交渉をするかによってその値引き額が大幅に変わることがあるのです。
というのも、ディーラーや中古車販売店には様々なポジションのセールスマンがいます。
 
 
店長やチーフ、入ったばかりの新人さんなどなど・・・、といようにです。
そして彼らには、そのポジションに応じた「裁量」というものがあります。
いわゆる、そのセールスマン自身が持っている「値引可能額」ですね。
 
 
そして当然、ポジションが上になればなるほどその値引可能額は大きくなります。
新人さんには裁量などあるはずもなく会社規定で決められている値引額しか持っていませんが、
店長の場合は店長裁量によって
会社規定の額よりもさらに値引きをしてもらうことができるのです。
 
 
そこで、車を購入するにあたって値引き交渉をする場合、
できるだけ店長クラスの方と話をするようにしましょう。
そしてそのためには、車を見に行った段階から店長に案内してもらうことをおすすめします。
 
予め電話やメールで問い合わせておき、車を購入する意思があることを伝えておくと、
店長クラスの方に対応してもらえる可能性が高くなりますよ。

人気車を値引きしてもらう方法

Posted by 新車購入テク - 2月 27th, 2014

ディーラーや中古車販売店で販売されている車は、どれも同じように値引きしてもらえるわけではありません。
取り扱っている車の中には、値引きしてもらいやすい車と値引きしてもらいにくい車とがあります。
そして値引きをしてもらいにくい車とはズバリ、「人気車種」です。
 
 
人気がある車種は早い話、そこまで値引きをしなくても
買ってもらえるのであまり値引きをしてもらえないのです。
 
 
ではそういった人気車種、つまり値引きしてもらいにくい車を購入する場合、
どのように値引き交渉をすればいいのでしょうか。
 
 
残念ながら、こういった車種は車体価格からの値引きを交渉してもあまり意味がありません。
そこでこういった場合は、「総額」からいくら値引きしてもらえるのか、
という交渉をすることをおすすめします。
 
 
車を購入する場合、車体価格以外にも様々な諸費用がかかります。
そしてそれら諸費用のうち、自動車取得税などの税金関係はどうすることもできませんが、
その他の諸経費や手数料に関しては、
ある程度値引き、もしくはサービスしてもらうことが可能です。
またオプションを無料でサービスしてもらうことで総支払金額を少なくするというのもいいでしょう。
 
 
値引きが難しい車種であるからといって諦めるのではなく、
様々な角度から値引き交渉をしてみることが大切です。

タグ:

車を値引きしてもらいやすい時期

Posted by 新車購入テク - 2月 26th, 2014

車の価格交渉をする場合、値引きしてもらいやすい時期というものがあります。
 
そしてその時期にも、決算期や年末年始に行われる
セールのように長いスパンの中で値引きしてもらいやすくなる時期と、1か月、1週間という
短いスパンの中で値引きしてもらいやすい時期とがあります。
 
ここでは、その短いスパンの中で値引きしてもらいやすい時期についてご紹介させていただきます。
 
 
まず1か月の間では、20日前後が値引きしてもらいやすくなります。
というのも車の販売がセールスマンの成績として認められるには、
売買契約を締結して車の登録を完了する必要があるのです。
 
そのため、月末までに登録を完了して自分の売り上げ成績を伸ばすためには
20日前後がリミットであるというわけです。
 
 
また1週間の間では、週末が値引きしてもらいやすくなっています。
ディーラーや中古車販売店によっては「週末フェア」をしているところも多く、
週末は平日と比較して値引きしてもらいやすいのです。
 
 
車を購入するにあたって、決算期や年末年始のセールまで待つことができる場合はいいのですが、
そこまで待つことができないという場合には
月のうちの20前後や週末を狙ってみることをおすすめします。

タグ: