値引き額を上げるために複数の業者をまわろう

Posted by 新車購入テク - 3月 2nd, 2014

車を購入する場合、少しでも安くしてもらいたいですよね。
車を安く購入するためには、セールスマンと交渉して値引きをしてもらう必要があります。
そしてその時に有効なのが、複数の業者を回ってみるという方法です。
 
 
これは、新車を購入する場合も中古車を購入する場合も同じです。
様々な業者を回り、見積もりを出してもらうのです。
 
 
また値引きをしてもらうためには、単に色々なお店を回るだけでは意味がありません。
セールスマンに、「いろいろなお店を回っている」ということと、
「一番安いところで車を買おうと思っている」ということを伝える必要があります。
 
 
セールスマンとしては当然自分のところで購入してもらいたいと思うでしょうし、
複数の業者をまわっているとなれば、「この人は本気で車の購入を検討している」とわかるので、
少し値引きをすれば車を購入してもらえるのでは、
と思い値引きをしてくれる可能性が高くなるというわけです。
 
 
ただし、複数の業者を回るにあたって一つだけ注意しておくことがあります。
それは、特に新車を購入する場合、同じ会社の営業所を色々とまわっても
値引きしてもらえる可能性は低いということです。
 
セールスマンとしては同じ会社同士で値引き合戦をするわけにはいかないですものね。

タグ:

車を値引きしてもらいやすい時期

Posted by 新車購入テク - 2月 26th, 2014

車の価格交渉をする場合、値引きしてもらいやすい時期というものがあります。
 
そしてその時期にも、決算期や年末年始に行われる
セールのように長いスパンの中で値引きしてもらいやすくなる時期と、1か月、1週間という
短いスパンの中で値引きしてもらいやすい時期とがあります。
 
ここでは、その短いスパンの中で値引きしてもらいやすい時期についてご紹介させていただきます。
 
 
まず1か月の間では、20日前後が値引きしてもらいやすくなります。
というのも車の販売がセールスマンの成績として認められるには、
売買契約を締結して車の登録を完了する必要があるのです。
 
そのため、月末までに登録を完了して自分の売り上げ成績を伸ばすためには
20日前後がリミットであるというわけです。
 
 
また1週間の間では、週末が値引きしてもらいやすくなっています。
ディーラーや中古車販売店によっては「週末フェア」をしているところも多く、
週末は平日と比較して値引きしてもらいやすいのです。
 
 
車を購入するにあたって、決算期や年末年始のセールまで待つことができる場合はいいのですが、
そこまで待つことができないという場合には
月のうちの20前後や週末を狙ってみることをおすすめします。

タグ: